上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.28 なりたいもの
そりゃ今の仕事で独立さ

肉体労働者の極みだ!!
あぁ土方だよ
ど?か?た

んでも器用貧乏な俺は
他にもやりたいことがある

全部飽きて途中放棄中だがな

器用貧乏というからには
以外に俺


手先は器用である

多分副業としてやれるくらいの技術はすぐに覚える
たとえば


エアーブラシ

これハンドピースなるものを使い絵を書くのだが
詳しい説明はエアーブラシで検索しれ
実際自分の車に絵書いてたぞ

まぁ、これで独立しようと思った日もあったな・・・

次に

WEBデザイナー

タグ手打ちからちょっとしたスクリプト程度なら弄れる
実は学校にも通ったりしてる

これでも独立しようと思ったっけ。。。

それから

彫り師

これはやったことはない
が、覚えてそこそこうまくなる自信はある

これはあえて独立しようと思ったことはないが
仕事としてやってみたい願望もある


まぁ他もいろいろあるが
全部途中で萎えた


俺は飽きっぽい


そんな飽きっぽい性格なのに
今の仕事は14年も続いてる

そのうえ続けようとしながら独立まで考えてる

むぅ

不可解だ



あれだ
今の仕事で独立したら
やろうと思ってた仕事全部やるか


思いよぎることがある

世の中そんなに甘くねぇ

ってことだ・・・・




いや、そこは俺のために甘くなっとけよ
俺はやりたいもの全部やりたいんだ

飽きたら社員にでもやらせるさ・・・

んむそれがいい






一つのこともまっとうに出来んうちに
次のこと考えるこの無謀さ

やっぱ一つ出来たら進むことにするわ
自問自答もネタにすらならんし
この辺できりあげるべ

ようは
俺は飽きやすいくせに
欲張りなんだ

ってことだ


じゃぁな!!またなっ!!!

俺きっし
スポンサーサイト

2006.04.27 思い
いや、タイトルかっこよくね?

思い

だよ、お?も?い!!

フフフ
あれだ、何が言いたいと思うよ
まぁ見れ

人が動く基本ってのはよ
体でも頭でもねーわな

何かを突き動かす衝動だ

基本てかきっかけだわな

思いだ


男と女で付き合うきっかけになるのは
お互いじゃないにしても
どちらかの好きだとか
それっぽい感情を行動に示すことで
相手にそれを伝えるわけだ

それに応じて伝わった感情が
相手がどう受け取るか
うっとおしいと思えば付き合えるわけもないし
好きじゃなくてもその感情をもらうことで
付き合おうかなって気にもなる

お互い好きならなおさら付き合うのには楽なもんだわな

ようは思いがあるからこそ
行動が出来るわけで

何も思わないなら
何もしないわけだ


言ってることはごく簡単なんだが
やるとなると中々できん

出来ないってことは
それ相応の思いがたりねーわけだ

思っただけで出来りゃ苦労はねーわな
当然のことだ


それ相応以上の思いが必要なわけで

俺が独立するにあたっても
簡単に出来るとは思っちゃいない

独立するなんて簡単さって思うやつもいるだろう

俺にとっては
まだ難しいんだ

いつか簡単って思えるようにはしたいけどな


最近よく考えるのがこの『思い』だ

自惚れでも何でもねぇ
思いが強けりゃ何でも出来るって
特に強く考える


確かに俺の短い脚が
長くなるなんてのは
どだい無理があるが

そーゆーもんでなけりゃ

思いを強くして行動に出していけば
いつか必ず絶対出来るって信じるようになった


ガキの頃グレて落ちこぼれてた俺は
親や先公どもに
『やればできるのに・・・』
よくこう言われてた

やったって出来ねーもんは出来ねーよ!!!

ずっと思ってた




間違いだ

やれば出来るって言い方が間違いなんだわな
出来るって思いが強けりゃ
俺じゃなくても誰でも出来んだよな

そう思わなかった俺が
今になって
必死こいて思い続けていれば必ず成功する
そう考えつつ

諦めねぇ
負けねぇ
逃げねぇ

これを思い続けるようにするようになった


思い続けるのは難しい
でもそれで挫けたら
その思いはかなわない


おいっ!!何がいいてぇんだ?
それは俺も書いてて分からなくなった
見る側はもっとわからねぇわな

さすが俺のオナニーブログ
自己満足の塊でしかねぇ


しっかしあれだ
これ最後までみてるおまえら


バカだな


そんなバカがすきな俺だったりする
よぉーーーーーーっく理解しれ!!

んじゃな!!

俺きっし

何で独立したいのか
どうして俺は独立したいのか

その思い立ちの始まりってのがある
最初はいつだったかな
確か小学3?4年のころだったと思うんだが

そのころ将来についてという作文を書いた記憶があって
その時の作文を書いたのがきっかけかもしんね

うちは母子家庭の長男一人っ子で
無駄に我侭に育ってきたんだが

貧乏ではなかったが金持ちでもなかった

苦労して小さい頃育った記憶もないし
そこそこの家庭ではあったのだと思う

書いた内容は大まかにしか覚えてないが

『俺は金持ちになる。年収1億は軽く超えるだろう。
 そうなったらクラスの全員に1億ずつくれてやる』

こうだ
年収1億のくせに一人1億配るなんという
不届きな計算はガキの頃の無能な俺を表すようだが

それはさておき
何になるか、どうやって金を作るのか


何も考えてはいなかった


それはなぜか




俺は国語が1で大嫌いだった
その中で一番嫌いだったのが

作文

である


わかるか?
ようは、書くのがめんどくさかったのである
内容なんて何でも良かったのだ

内容を考えることよりも
さっさとこの作文を書き終わらせて遊びたかっただけなのである


が、

これを書いた後
無謀に皆の前で発表させられた

先公の陰謀だった
間違いない

いや?
笑われた
すげ?笑われた

プッチン

あぁ
切れたさ
切れましたとも




絶対金持ちになってやる


俺のハッキリとした独立の夢はここからだったと思う

それからしばらくしてグレて
自分でもどうにもならんくらい落ちこぼれて

そんな独立とか金持ちとかの夢はすっかり忘れ
それよりもまず


普通の人としての生活にしなくてはいかん

こう思ったときに就職をして
自分が少しずつ他のやつらから認められるようになったのを
感じるようになってからだな

独立する

ってハッキリ頭に思い描いたのは


多分すでに成功してる人や
大金持ちになってるやつから言わせれば
お前の考えは普通に甘いよ

なんていわれるかもしんねぇ

自分でも考えるのが遅いのかもしれないってたまに思う
それでも最後に笑えりゃいいやって思ってるから

突き進んでやるさ


まぁ、人が何になろうとか
何をしでかそうとか


きっかけは大事だわな

おっし過去の思い出はほっといて
先に進むぞおらっ!!



んじゃな!!

俺きっし

この間10億の仕事をとってきた

まぁ10億って一時の財産なら
めっさ多く感じるやつもいるだろうし
10億如きってやつもいるだろうな

仕事で10億の金額ってのはさ
年商のうちの何割かってことであり
その金が全部てめぇの懐にくるわけじゃねーのよね

あたりまえっちゃあたりまえなんだが
しかもこれ5年計画でさ
結局年商にしたら2億弱なわけよ

そのうちの会社としての利益
純利益よね
こんなのほとんどなさげ・・・

契約金としては嬉しいのだが
どぉよ?

細かく計算はじきだすと
がっかりしちまう

経営者として独立したら
毎回こーゆーこと考えながら
がっかりしたり
無駄に喜んだり

そんな事いろいろ出てくるんだろうなと
一人無駄に先のこと考えて
悩みもでるわな

でもその駆け引きも個人的に好きだったりして
これから独立して
その駆け引きしながらいけると思うと
先が楽しみな自分があったりする

先を考えるにあたって
俺はどんな風になっていくんだか
ちと想像・・・


この先独立出来ずに
終身雇用
年収推定300万前後

これだけは避けたいもんだ

もしくは独立して
事業がそこそこ波に乗って
いわゆる成功というやつ
年収推定2000万前後

欲張らなければこの辺でとどめたい

欲張った上に事業が成功し
その上、その事業成功した野郎どもを
雇う側になること
年収推定2?3億前後ってとこか?

夢で実現するにはかなりの低確率だわな

こう考えると独立って博打だよなぁ
最悪を考えると
多額な負債抱えて借金地獄なんてのもある
ただ、これは俺の頭にはイメージしない
負け犬根性は嫌いだ

俺はギャンブルはしない
つまらんし飽きる
ただ、博打は嫌いじゃない
てめぇの才覚でどうにかなるものであれば
という限定つきだが

そうなると
やっぱ最初の年収300万前後は
今後の俺にはありえないし
なりたくもねぇ

たとえば60まで仕事したとして
@30年だ
300×30=9000万

俺の残りの人生9000万????
考えらんねぇ・・・

いやだ

やっぱ独立だわな
するからには絶対成功してやる
てことは
@2年ちょいこのままで
独立して遅くて3年で波に乗ったとして
残り25年
2000×25=50000
5億だ

まぁそこそこ納得は出来る人生であるかもしれん

もし欲出してその上目指したとしよう
さっきの計算にプラス5年で全てに成功収めたとしたら

300×5=1500
2000×5=10000
20000×20=400000

よ、よんじゅういち億!!!!!!

計算ってすごいな・・・

おい、あれだ俺こんなに儲かったら
人生狂っちゃうね
まぁこの考え自体狂ってるけどな・・・

世の中計算どおりいくなら苦労しねーしな

まぁ可能性ってことなら
0ではねーから
いくとこまでいってみよーじゃねーか!!

も、も、もしかしたら
俺41億の男になるかもよ?
フフフ

あぁ夢だ夢

いい夢みろよ!!
じゃぁな!!

俺きっし

2006.04.21 そういや
独立するにあたって
前から元請けのお偉いさんから
こんな話を持ちかけられたことがある

『きっし、独立するなら俺と一緒に会社おこさねぇ?』

しばらく悩んでたし、今でも悩むことがある
一言で言えば

共同経営である


俺からみたその人物は
ものすごい営業のうまい人で
俺にはない素晴らしいトークを語る人なんだがね

お互い代表としてやるには少し器量がない感じが
少し見受けられるのさ

まぁ会社を興したこともない俺が人の批判なんて
生意気このうえない話なんだが

その営業のスキルは俺にとっては申し分ない
ある種の技なんだよな・・・

俺前にも書いたけど
基本的に国語及び日本語すらまともに理解してない

サル

なのである


そこで共同経営のメリット、デメリットを
考えてみた

メリット
●一人だと煮詰まってしまいがちだが、仲間とさまざまなアイデアが出し合える
●準備資金などの面で、一人より多額が集まる
●人手が多い分、仕事の獲得率が高い
●会社の人数を増やしやすい
●信頼度が多少上がる

デメリット
●意見の食い違いが生じることがある
●仲間うちで金銭面でのトラブルが起こる場合がある
●ビジネスライクにできないことがある


こんな感じだろうな

客観的に見てマズくはないのだ
しかしウマくもない気もする

そして根本的に
俺は独創的なんだ・・・
いあ、一人よがりともいうな

そこで考えた

その人を雇うかな計画!!
まぁ無理だな(即決)

そこでその人に提案したことがある

『独立するならお互いで会社作ってやったほうがよくね?んでもって
○○さんが仕事とってこいよ!!俺請けて仕事らうからさ
そりゃもちろんバックマージンはよこすぞ?それがいいべ!!』

こりゃナイスな提案だ!!と俺は思ったのだが
なにぶんその人一人では独立する自信はないらしい

だから俺にそんな提案を持ちかけるのだろう
んだって俺


一人で独立するの夢だったしなぁああああ


俺が一人でも独立したいってのは
知ってた人だったから
それに甘んじて俺も一緒にさせろよ
みたいな面も見受けられるのよね

今はその人が上の立場でも
俺が上にたったら俺のほうが上になる自信はあるし
結局のところ

俺は一人でやるよ

ってなるわけだ


それでも未だにその誘いは続いてるんだが
その度に
それでも共同経営のほうがいいのかなぁ?
なんて自分自身が
甘い考えもつのが少し情けない


確かに誘ってもらえるってのは
多少なりとも俺って人間を評価してもらえてるわけだし
それを理解してくれている人なんだろうなとは
バカな俺でも気がつくわけで

まぁ断る理由もないが
そこに甘んじる必要性もないってことで

今後も誘われ続けるだろうが

却下

の方向でいこうと思う



独立は俺の全てをかけた夢である

これを外してはいけないのだ
てなわけで

他からも誘いがくるような男になって
それを全部却下していく
非情な男になろうと決心するきっしであった

ナレーション:俺きっし

いや、どーでもいいしね。。。そんなの。。



さ、勉強勉強!!
じゃぁな!!

俺きっし

2006.04.20 新会社法で
独立するまでの流れを調べていて
こんなんがでてきた

1.発起人を決定する
     ↓
「類似商号の有無のチェックは不要に!」
     ↓
2.会社の基本事項を決定する
     ↓
3.会社代表印を作る
     ↓
4.定款を作成する
 「会社法改正により選任する役員が最低1人でもOKに!」
     ↓
5.引受株式数を決定する
     ↓
6.金融機関へ出資金を払い込む
 「最低資本金規制が撤廃され、特別な法律でなくても資本金1円からでも会社の設立が可能に!」
     ↓
 「払込金保管証明制度は廃止払込証明手段は残高証明でOKに!」
     ↓
7.取締役会を開催する
 「1人取締役の会社であれば代表取締役の選出や各取締役の報酬の決定は不要に!」
     ↓
8.設立登記
     ↓
9.会社設立
 「会社の目的の包括的記載が認められるので、登記所への事前の目的相談は不要に!」



ひっじょーーーーーーーーにわかりやすいっ!!!!!




と、言いたいのだが
俺の知能を知っているかい?セニョールorセニョリータ

フフ・・・・

発起人とはなんぞや・・・?
定款とはなんぞや・・・?


ま、まぁあれだ
そのために勉強してるわけだしね・・・

多分これは下準備出来て
いざ、独立すんぞ!!
ってな時までに理解すればいいのであろう・・・

この世の中学生どもまで独立してるというのに
俺ってば

やヴぁくね???????

これがこれから独立すんぞ!!
ってやつの知識ですか??

が、がんばるよ

こーゆーさ、俺にしてはだけど
難関とかあると

ほんとに残り2年半で独立できるのか
挫折しそうになるよな・・・
まじで・・・

まぁそこはあれだ
氣愛だよ

そういや話は変わるんだが
俺は一代で築いて一代で終わらす
そんな会社にしたいのだ

自分で作った会社を
よそ様に渡すなんてもってのほか
てめぇのガキになんぞ

ずぇっっっったいやらねぇ

ケチとかそんなんじゃなく

俺の会社
なのだ

それが俺の一生をかけた夢なんだよ

チンケ大いに結構
俺の中じゃデカイからそれでいいのだ

チンコじゃねーぞ?


てめぇの役目を果たした
っていう
俺のプロセスが大事なのだ

でかい会社になろうが
小さい会社で終わろうが

それを果たして死にたいのだ

やっべ・・・俺詩人みたいじゃね?
歯が浮いてきた

まぁ照れ屋でシャイな俺は
こんなことをサラリと言える

土木界の超プリンスだしな!!!
ほっといてくれっ


そんなこんなでまぁ色々あるが
独立まではいろんな知識や妄想、創造そして夢
これを無くさずいきたいもんだわな

男ってそんなもんじゃね?

さ、無駄に熱く語ったことだし
勉強でもすっか

じゃぁな

俺きっし

2006.04.19 現実とは
かくもスムーズに事は運ばないもので
最近元請けの会社が結構いろんなところ増えてきてるんだが

やっぱ名前売り出し中な俺としては
売れるまで

へーこら

しておきたいわけなんだが

まぁ、中々そうもいかねーんだわな
世の中・・・

まぁあれだ
肉体労働者ってなんでこんなに口が悪いのかね?
俺が日々へーこらして
顔ひきつらせながら
頭下げ下げ
仕事してるってのに

それをぶち壊すような輩が出てきやがった

まぁ朝5時におきて現場に向かい
10時、3時の一服は
肉体労働者にはかかせないのだが

3時の一服休みに事は起きた


『ここで作業してた親方どこだ!!!』


これから俺が一服しようとしてるそばで
これまたヤクザみたいな面したオッサンが
無駄に怒鳴り散らしてる

(あぁ、そこ俺やったとこだな・・・何だべ)

俺『はいはい?何すか?』(優しくかつ穏便に)

ヤクザ面のおっさん『これやったのお前らかっ!!!!』

俺『そうっすよ?何か?』(平に、これでもかというくらい平に)

ヤクザ面のおっさん『うちらがやったとこ埋まってるじゃねーかっ!!!』(興奮とともに面まで凄みきかせてやがる)

俺『それ最初から埋まってたよ?』(ちとタメ口・・・)

ヤクザ面のおっさん『お前らがやったんだろっ!!!!』

俺『何だぁああ???コラじじぃっ!!』(あ、言っちゃったよ俺・・)

ヤクザ面のおっさん『やったらやったで何で言わねーんだよっ!!このやろー』

俺『こらじじぃ、人の話聞いてんのかっ?あぁ?はなっからなってたつってんだろうが!!バカじゃねーの??』(いや、もうとまらないしね・・・)

俺『てめーらの埋まってたやつワザワザ出してやったのに何だその口の利き方わ!!あぁ??ごらじじぃ!!』


事実、俺がやってた仕事はそこの場所を土で埋め戻す作業だったのだが
たまたまそのものが埋まってて心優しい俺はワザワザ出しておいてやったのだ

それをこのくされジジィなんと俺に向かってグダグダ文句言い出しやがったのだ

もう俺の怒りは止まらない
暴走列車である

ちなみに、俺口げんかで負けたことはない

ヤクザ面のおっさん『お前らがやったんじゃねーのかよ!!』(いやまじしつこかった・・・)

俺『じじぃ・・いい加減にしとけよ?言いたいことはそんだけか?あぁ?あったまきた・・・ちとこっちこーよごらっ!!』(あぁ無情・・・)

ヤクザ面のおっさん『お前らがやってないんだな?やってないんならいいんだよ。あぁわるかったなっ!!』

俺『こらじじぃ何だその言い草は?お?てめっちっとこいっつーの!!』


言い合いしてるうちに他の会社のメンツにストップかけられ
頭の中がまじ煮えくりかえりまくりな俺は
ふと冷静になり

(あぁ。。。やっちったよ。。。今までの俺の素晴らしきこめつきばったのようなイメージが。。。。)

そぅ・・・一部始終元請けの社員にバッチリ見られてたのである。。。

シブシブ休憩所にもどり一服しながら気を落ち着かせながら
それでもイラつきが止まらない自分を押さえ込み
一服してると案の定元請け会社の偉いのがきやがった・・・

元請けお偉いさん『いやぁ、きっしさん向こうは最初にきっしさんが売り言葉をしたせいで頭にきて口調が強くなったといってるんですが・・・』

俺『はぁぁあああああああああああああ!!!!?????まじで頭きた!!あのじじぃ連れてこいよ!!』

元請けお偉いさん『ま、まぁそんなに・・・・(フェードアウト)』

ブチ切れしまくった俺はそのじじぃの元に直行し
じじぃの反撃する間もあかせずいいだけ罵った後
さすがにそのじじぃも納得いかないようだったが
素直に謝ってきた

が。。。

過ぎたことは戻らない・・・



ふぅ。。。
あぁ?あ。。。

せっかく○×企業のきっしは素直でやり手な
土木界の超プリンスとして独走してたのに。。。



やっちゃったよ

まぁ深くも考えたが
根っから暗いこと考えるのは好きじゃねーし
まぁ明日からもまた

素直でやり手なきっし

に戻るさ。。。ハハハ。。。

さ、勉強でもすっかな
じゃぁな

俺きっし



2006.04.18 ねみぃ・・・
最近やたら眠いんだよな・・・
仕事疲れ?

よう分からんが
まぁ眠い

そんなのはど?でもいいわな

とりあえず昨日
金に関して思っていたことを書いたのだが

まぁなんとかなるだろ程度の浅はかな考えでいこうと思う

深刻なのは人脈だ

俺自慢じゃないが上の人間からは
面倒よくみてもらえるほうなんだが

問題は下のやつらなのよね
基本的に自己中な俺は
下の人間扱うのって苦手なのよね

出来ないやつらにやらせる仕事なら
てめぇでやっちまったほうが早いって思ってて
下のヤツらにあんまりやらせないって面が多々ある

これも悪いクセなんだろうな。。。

まぁそれは自覚があるから
直そうと思えば直せるのだが

それよりなにより
うちの会社


俺より若いやついねーんだよ・・・


いやまじで。。。


じじぃばっかしなんだよな・・・

馬力たんねっつうの
仕事すすまねぇっつうの

いやほら、あれだ
馬力ないならないで
技術があれば俺がフォロー出来るのだが

何せ技術者俺だしね・・・・
俺よか技術もってるやついねーのよ

つうかこれじゃ独立するのに
下のヤツ使うどころか
揃えることすらできねーぞおい

これが一番俺の悩みかのぅ

はい独立しました
はい若い者いませんじゃ

仕事になんねーんだよ
儲からねぇっての
いや、それ以前の問題だろ


独立できねーよっ!!

頼むからうちの会社に若いヤンキーでもいいから
仕事できなくてもいいから
やる気のあるやつ一人でいいから入れてくれ

技術教える自信はあるっ!!

だから入れてくれ


思った


俺の独立は下につくやつ次第だ・・・
これがいねーと独立できねぇぇぇえええええええええええ

こればっかしは運だな
残り2年半以内に一人でも入らなかったら
俺には独立する運すらないということで
アボンだな

時は金なり
それまで儲ける方法でも考えとくかの

あぁもう一つやることがあった
上のやつらだな
これはあるだけあったほうがいいわな
それまで俺は上つながりをめいっぱい作っておくとしよう

名前の売り込みでもしとくわ
営業とはまた違うのだろうが
ガッツリ刻みこんでやるぜ上のものども!!

さぁかかってこい
いくぜこのやろー!!!
まっとけごるぁ!!!

さ、こんなもんだな
疲れた寝るべ

じゃぁなまたな

俺きっし

2006.04.17 文才ないって
まぁ、損だよな・・・
俺なんか特に
小学生のころから
国語と社会は1だったしな

そんな俺のブログ
いたって無駄なスペースと
自負しているわけで

だったら書くなよとか
言われる前にいうが

ここは俺の自己満足のオナニーブログ

ってわけで
誰の意見もいらん
ききたくもねぇ
勝手に書く

あぁ書く

んでまぁ何が書きたいのか
ようは独立するために
てめぇの鈍い判断をあおって
やる事さっさと済ませとくか
みたいなもんだな

つうか

独立するにあたって
資格もそうなのだが
今の俺に足りないものとは
何ぞや?

考えてみた

金(決定打)
人脈

これだな・・・
言っとくが
技術はある!!
ただ、それだけじゃ独立できねーのくらいは
わかっとる

まず金・・・
どーすっか
いろいろ考えた

サル並の知能で必死ぶっこいて考えた

会社を立ち上げるについて
金が必要・・・
まぁ、株式で1000万
有限で300万

あるわけねぇ

家も27の時に購入してから
35年のローン

子育て実際俺がするわけではないが
そこからの出費があたりまえにでるわな・・・

が、しかし一つ
5月1日から新しい法律が出来るのだよ
いや、日にちとかはガセネタかもしれんから
いつからとか
そーゆーのはいいや
まぁもうすでに改正されているか
そろそろ改正される法律があるっぽい

新会社法

これだ
いいねこれ
いやまじ最高
有限会社なくなるんだってよおい

株式会社の一本化
その他もろもろあるらしいが
そこまで覚える知識は俺にはない

これ株式会社一本ってことは
もう1000万出さなくちゃ
会社が作れなくなったというわけじゃない

一本化につれ

最低資本金規制を撤廃する

ようは資本金いらねーのよ
1円から会社が作れちまうわけだ

やっぱあれだな
まわりのやつらにも
俺みたいに金のない
独立したい野郎が多いんだな

それを見越した上での改正らしいが
定かではない

まぁこれで資本金の準備
まぁ最初の銀行からの融資ってのが
いらなくなったわけだ


大助かり


んむ。。。
後は立ち上げ当初にかかる人件費
それから
機材費用だわな

これはさすがに銀行から融資うけて
借り入れしかねーよな・・・
あぁ。。。マンドクサ。。。
んでも借りるしかねぇ

つうか

融資してくれる奇特な銀行あるんか・・・

それは借りるときに必死こいてうろつくとするか・・・

まぁてめぇの思考回路とこんな感じで
いろんな場所を行ったりきたりしてるわけで

あぁ、そうだ。。。
よくいるが親から借りるやつ

たえらんねぇな・・・・

親から借りるくらいなら
独立すんなよ

お前は生まれたてのガキか?っての・・・

基本的に俺は血のつながりあるやつとかと
一緒に会社を経営とか

死んでも無理だ

俺は俺で
てめぇの人脈のみだけで
会社を立ち上げたいんだ

まぁ今上にも書いたが
血のつながりのあるやつらの会社ってのは
今後おいおい言いたいことがあるから
そん時に書くことにするわ

さ、今日はこんだけ書きゃ十分だろ

じゃぁないい夢みろよ

俺きっし

2006.04.16 むぅ
最近自分でも不思議なぐらい気が狂ったかのように勉強がしたくてたまらない

つうか俺は独立したいんじゃ
企業を作りたいんじゃ
会社を設立したいんじゃ

まぁ前から独立したいとは思ってたのだが
最近特にその無謀な思いが強くなりすぎてるわけで・・・

そのためにする事
勉強だ
いや・・・俺勉強だいっきらいだしね・・・

そんな俺が勉強したいって思ってる・・・
それだけ独立して?のよ

まぁ何の会社を立ち上げたいのかというと
他人からみたら

『くっだらねぇ?そんな会社立ち上げる如きで
ブログなんざ使うんじゃね?よ』

みたいな
俺が第三者なら確実に思うであろう
土木の会社なわけよ

今現在の俺の地位あるいは現状、
高校中退して1年のプー太郎を営み
取りあえず仕事にありつこうと
住んでいた地域とは全然離れた他県に住み込みで
水道屋(本管業)に就職
初任給14万そこそこから始まって
はや14年
家1件購入してガキが2匹育てられるくらいの
収入は得られるようになったわけだが

地位は小さな会社だが一応今の会社では上から3番目、
つっても実質7人しかいねぇしなぁ?
まぁ人数はど?でもいいとして

俺は今の会社じゃ1番ではないのだ

昔から人に使われるのは嫌いで
好き勝手気ままに生きていたい俺は
就職してからずっと独立することを夢みまくりやがってた

まぁ過去の事なんぞどーでもいいや

兎に角、独立するのに何が必要なのか
ここしばらく悩んでいた俺がいて

結果、何が必要なのか


資格だ


まぁ、今の現状で俺は土木屋に関する資格で

2級土木施工管理技士

これは3000万以下の仕事なら受注できる資格で
最近とれた資格である

でも足りねぇ・・・

つーわけで今

1級土木施工管理技士

これを取ろうとがむばってるわけだ

他に何が必要なのかは色々と考えてはいるのだが
一気に書くのもめんどいし今回はそんくらいでいいだろ・・・

まぁ今の俺の頭で推定2年半ってとこだ
ん?何が?
独立するまでの期間だよ・・・

来年頭までには1級受かるとして
まず勉強なのだ

だから勉強なんだ
でも嫌いなんだよ

不可解極まりねーな・・・

んでもやるぜ俺きっし
今の俺は勉強したくてたまらねぇんだぁぁぁああああああああ!!

つか意味わかんねーなこれ
まぁどーでもいいや

次くらいからは
頭の中で練っている妄想なんか書いていこうと思っとる

無駄でも意味なくても
俺は俺のペースでこのくだらんブログ完成したいと思う
んじゃな

俺きっし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。