上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何で独立したいのか
どうして俺は独立したいのか

その思い立ちの始まりってのがある
最初はいつだったかな
確か小学3?4年のころだったと思うんだが

そのころ将来についてという作文を書いた記憶があって
その時の作文を書いたのがきっかけかもしんね

うちは母子家庭の長男一人っ子で
無駄に我侭に育ってきたんだが

貧乏ではなかったが金持ちでもなかった

苦労して小さい頃育った記憶もないし
そこそこの家庭ではあったのだと思う

書いた内容は大まかにしか覚えてないが

『俺は金持ちになる。年収1億は軽く超えるだろう。
 そうなったらクラスの全員に1億ずつくれてやる』

こうだ
年収1億のくせに一人1億配るなんという
不届きな計算はガキの頃の無能な俺を表すようだが

それはさておき
何になるか、どうやって金を作るのか


何も考えてはいなかった


それはなぜか




俺は国語が1で大嫌いだった
その中で一番嫌いだったのが

作文

である


わかるか?
ようは、書くのがめんどくさかったのである
内容なんて何でも良かったのだ

内容を考えることよりも
さっさとこの作文を書き終わらせて遊びたかっただけなのである


が、

これを書いた後
無謀に皆の前で発表させられた

先公の陰謀だった
間違いない

いや?
笑われた
すげ?笑われた

プッチン

あぁ
切れたさ
切れましたとも




絶対金持ちになってやる


俺のハッキリとした独立の夢はここからだったと思う

それからしばらくしてグレて
自分でもどうにもならんくらい落ちこぼれて

そんな独立とか金持ちとかの夢はすっかり忘れ
それよりもまず


普通の人としての生活にしなくてはいかん

こう思ったときに就職をして
自分が少しずつ他のやつらから認められるようになったのを
感じるようになってからだな

独立する

ってハッキリ頭に思い描いたのは


多分すでに成功してる人や
大金持ちになってるやつから言わせれば
お前の考えは普通に甘いよ

なんていわれるかもしんねぇ

自分でも考えるのが遅いのかもしれないってたまに思う
それでも最後に笑えりゃいいやって思ってるから

突き進んでやるさ


まぁ、人が何になろうとか
何をしでかそうとか


きっかけは大事だわな

おっし過去の思い出はほっといて
先に進むぞおらっ!!



んじゃな!!

俺きっし
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。